2015/02/25

機能
機能

TLMX:機能

多頭による大量生産
工程の簡素化

一台につき最多16枚が同時に生産可能となるので、製造原価の削減ができます。

生産効率を高めるさまざまなオプションによる自動化作業が、従来作業の前後に発生していた工程をも簡素化し、生産効率を高めます。

高い再現性

コンピュータ制御されたヘッドや枠が、自動且つ正確にヒーター線を縫いつけ、その縫付ピッチは、ヒーター線素材の径に併せて選択可能です。
従来では図面通りに作業することが困難であったコーナー部についても正確な再現が可能であるため、製品ごとの長さや抵抗値のばらつきが少なくなり、作業の精度が高まります。

Features
Features
簡単な柄作成

専用柄作成ソフトウェア"DG by PULSE"が、あなたの柄作成を強力にサポートします。
汎用アプリケーションで作成した既存データも、"DG by PULSE"に取り込むことにより、簡単にステッチへの変換や編集作業が行えます。

素材の多様化

ヒーター線の太さに合わせたアタッチメントをご用意できます。
また、被膜の無いヒータ線でも使用できるよう、絶縁仕様となっています。

Features
Features
Features
Features
耐久性の向上

ヒーター線を粘着力のある生地にサンドイッチして固着する従来方式は、生地に圧力がかかったときにヒーター線が破断してしまう場合があります。当該機では、枠に固定された生地が針の下をジグザグに動いてヒーター線を縫い止めます。
そのため、生地に圧力がかかってもステッチの間でヒーター線が逃げることができ、商品の耐久性が向上します。

チドリ縫い

チドリ縫いアタッチメントを使用して、素材を左右に振りながら縫い止めます。
6種類の止め縫いパターンがあり、さまざまな太さの素材を縫い止めます。

チドリパターン 4

チドリパターン 5

チドリパターン 4
チドリパターン 4
チドリパターン 5
チドリパターン 5

ステッチパターン 4

ステッチパターン 5

ステッチパターン 4
ステッチパターン 4
ステッチパターン 5
ステッチパターン 5

ヒーター線供給リング

千鳥アタッチメントの回転角度が最大720°まで対応可能になり、より複雑なパターンも縫い付け可能となりました。

ホームへ先頭へ前へ戻る